葉を見ればその人がわかる

どんな治療か

dental clinic

根の管を治す

歯の治療の中でも、難しいとされているのが、根管治療です。
この根管治療というのは、一般的に歯の根っこと呼ばれる歯根の内部にある管を指します。
虫歯の進行が進むと、歯の内部の歯髄と呼ばれる部分を侵食していきます。この歯髄は、一般的には歯の神経等と呼ばれており、虫歯の進行が歯髄まで進んでしまうことによって、非常に大きな痛みを伴ったりします。
さらに虫歯を放置してしまうと、非常に危険な場合もあるため、適切な治療が必要になるのです。
歯髄が通っている根管を治療する場合には、専用の器具が必要になります。専用の器具を用いて、虫歯菌に侵された歯髄を綺麗に取り除き、充填材で埋めて人工歯冠をかぶせることが、根管治療の基本となります。
しかし、この根管治療は、非常に難しいのです。
なぜなら、根管治療では虫歯菌に侵された歯髄が残ってしまうとダメだからです。
虫歯菌に侵された歯髄が残ってしまっていると、そこから再び虫歯が発生してしまう原因になってしまいます。
そのため、根管治療では、根こそぎ歯髄を丁寧に取り除く事が重要になるのです。
そうすることによって、再び虫歯が発生する事を防ぐ事が出来ますし、歯髄を取り除くことによって、虫歯によって発生していた痛みなども完全に取り除く事が出来るようになります。

根管治療は非常に治療難度の高い治療法の一つと言われています。
治療する歯の場所にもよりますが、歯科医からは、根管部がほとんど目視する事が出来ないような状態で治療をおこなわなければならない場合もありますし、そうした状況下で虫歯菌に侵された歯髄を取り残す事なく、綺麗に取り除く必要があるのです。
だからこそ、根管治療を行う場合には、利用する歯科医を上手に選ぶ事が必要不可欠になるのです。

Copyright(c) 2015 歯の治療を行う場合の、上手な歯医者選びの方法について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com